人手不足が起こっている原因

人手不足が起こっている原因

人手不足で悩みを抱えている会社には、共通の原因が存在している場合がある。特に人手不足の会社で多く見られるのが、仕事の内容が重労働であることだ。

2020年代の日本では若い労働者の数が今まで以上に減少していて、きつい仕事をしたがらない若者が増えていることも人手不足の原因になっている。社会全体が高齢化していることも重労働の仕事が人手不足になっている原因であるといえるだろう。

若い人口が減少しているのとは反対に、60歳以上の人口の割合は増加し続けていることから、需要と供給の大きなミスマッチが生じている。60歳を超えても働き続ける人が増えているのに、体に重たい負担がかかる仕事は高齢者には向いていないことから、老年の労働力が増えても人手不足の解決策にはなっていないのが現実だ。

多くの労働力を必要とする仕事場などでも、慢性的に人手不足になっている場合が多い。この場合には、ある程度の労働力は確保できているが、仕事の数が多いために現在の労働力だけではカバーしきれないことが人手不足の原因になっている。多くの労働者の力を必要とする製造業などではこうした傾向が多く見られがちだ。

本来は必要となる数の従業員が確保できないところでは、他の従業員に余分な負担がかかることもある。負担が増えたことを嫌って離職する従業員も現れるため、それにより人手不足にさらなる拍車をかけている場合もあるのだ。

人手不足の問題を抱えているとされる業界は、建設業界や看護業界、飲食業界などが挙げられる。それぞれの業界が抱えている原因は異なるかもしれないが、労働者不足という共通した悩みを抱えているのは同じだ。その原因と向き合い、人手不足を根本的に解決できるような改善策が現場では求められている。